初めてだとわからないことが一杯!別荘建築における悩みや疑問にお答えします!

このサイトでは、これから地方などで別荘を購入する方に向けた情報を発信していきます。
まずは住居を用意しないといけないわけですが、別荘建築にはさまざまな施工法があるのでどれを選択すればいいのかもわからないものです。
ここでは各建築の特徴と施工にあっている土地についても見ていくので、参考にしてください。

初めてだとわからないことが一杯!別荘建築における悩みや疑問にお答えします!

別荘建築には木造施工だけでなく、鉄筋コンクリートを活かした工法も存在します。
どちらの別荘建築を採用すればいいのかという悩みを持たれている場合は、周辺環境を考慮することで自然と答えを導き出すことが可能です。
たとえば森林に囲まれた別荘地であれば、木造施工がマッチをします。
別荘の場合、自然環境を尊重した住まいを用意することで、リラックスして生活をすることが可能です。
もしも海辺であれば、耐久度に長けている鉄筋作りの別荘建築がおすすめになります。

構想やコンセプトが建設で最も大事!別荘建築における具体的なプラン実例を紹介!

今現在生活をしている地域以外にも、セカンドハウスを持っているという方は大勢いらっしゃることでしょう。
昨今は中高年の間で別荘を持つことが人気となり、長期休暇を活用して地方の田舎暮らしを満喫されるようになりました。
これから別荘を建設しようという方のために、ここでは建築におけるプランやコンセプトについて詳しく解説をしていきましょう。
まず大切なのは、どのような土地で別荘を構えるのかを考えることです。
日本では海や山といった自然があふれている地域に別荘地が多く、その環境にマッチをしたコンセプトで住まいを設ける必要があります。
そして年間でどれだけ滞在するのかも考慮をしないといけません。
間取りの構想に至っては、何人で暮らすのかによっても部屋数や空間の広さも異なるので、実際に購入・建設をする前に計4つのプランを細かく分けて吟味をしないといけません。
満足できる住まいにするためには、家族全員で話し合うことが大切です。

人生における大きな買い物!別荘建築は広さや立地で費用相場が変わる!

自分の気に入った土地に別荘を建てる事は多くの人にとって憧れとなっていますが、その費用は広さや立地で大きく変わるためこれも十分に意識をしなければなりません。
別荘といえども一般の住宅と同じように、交通のアクセスが良いところはその相場が高くなる傾向があり、また不便なところは比較的安くなるものとなっています。
近年では様々な場所で開発が進んでおり、別荘地として売り出されることも多くなっていますが、そのような所の中には様々な面でアクセスが不便と言われるところも少なくありません。
さらに別荘の場合にはその広さや大きさによって相場が異なる傾向にあり、広く快適に過ごすことができる場合ほど割高になることが多いのが特徴です。
そのため、その費用を見極める場合には様々な場所を比較し、相場のバランスが取れているところを選ぶことが重要となります。
特に交通のアクセスが悪い場合、最悪の場合にはアクセス手段がなくなってしまうことも多いため、この点にも十分に注意をすることが必要です。

別荘建築場所は景色を見下ろす山の傾斜地にするかフラットな土地にするかよく検討しよう!

別荘の場所はいろいろなシーンがあり、特徴を押さえて検討することがあります。
デメリットやリスクもあるのでよく確認することが重要なのです。
おおきく2通りあり、傾斜地とフラットな土地があります。
傾斜地では高台にあるため、景色がいい環境で、テラスなどでリフレッシュしやすい環境が手に入るのです。
また夜景スポットでは、夜の景色がきれいですし、花火などのイベントがあるところではとても得した気分になります。
加えて周辺に家がないので、太陽の光をふんだんに取り入れる環境が整っているため、洗濯物が乾いたり、自然光を取り入れた空間設計が実現するのです。
デメリットは、山の斜面に作られているので、土砂災害などに危険エリアの可能性があります。
フラットな場所では斜面と逆になります。
メリットは災害のリスクが少なく安定した土地で、商業施設とのアクセスが便利となります。
デメリットは別荘としては景色やゆったりとした環境が集落に近いため望めません。

別荘建築の流れを時系列で見て行こう!

別荘を建築する流れとして、一番最初は依頼先を探すことから始めます。
候補としては一般住宅と同様にハウスメーカー、既知および近隣の工務店や建築家といった依頼先が主流です。
建物に求めるデザインや機能、立地の条件など別荘に対する希望・要望を相談しましょう。
計画ならびに対象地が決まったら、依頼先から基本設計が提案されます。
配置・平面図、立面図や仕上げといった基本設計図面が提案されるのはおよそ3〜4週間後です。
設計を基に擦り合せて行き、計画をより具体的なものへと近づけていきます。
ある程度形になってきたら、概算の見積もりが提出されます。
ここまでの期間は、およそ3週間ほど見ておけば良いでしょう。
見積もりを加味しつつ、地盤調査を重ねてより詳細な図面を設計します。
工務店や建築家にもよりますが、ここでは6週間ほど見ておいてください。
再び実施設計図面と見積もりとを照らし合わせつつ、打ち合わせを行ってしっかりと確認していきます。
問題がなければ、ここで改めて本見積もりが作成されます。
見積もりに異議がなければ工事請負契約を締結したのち、着工へと入ります。
基礎工事から躯体を立ち上げ、住宅設備器具の仕様の検討をしつつ外壁防水工事も進めるといった形です。
屋根や外壁に関しては瑕疵保険会社の検査を受けて、無事通過すれば工事は完了です。
建主調査を実施し、修正箇所がなければ引き渡しという流れです。

別荘建築前に想定しておかなければならない費用①地盤調査費用

週末にゆったりと過ごせる別荘を持ちたいと考える人は、アクセスと周辺環境を重視したうえで建築用地を購入しています。
しかし土地を買う場合には、強固な地盤であることにもこだわるのが理想的です。
質の高い別荘地を分譲する不動産会社と相談すると、最適な物件を紹介してもらえます。
一方でこれまでは山林だった場所に別荘を建てるときには、土地の状況がよくわからないのが一般的です。
敷地が想像以上に軟弱なことも想定する必要があり、事前に地盤調査を専門の会社に依頼したいと考える人たちもいます。
専門の調査会社に依頼する場合には、地域や面積などによって料金が異なります。
特にボーリング調査を実施する場合には、すべての費用が100万円以上になることも珍しくないです。
調査の結果から土地が軟弱であることが分かった場合には、強化工事を実施する必要があります。
したがって費用を抑えるためには、状態がよくわかっている確かな物件を選ぶのが望ましいです。

別荘建築前に想定しておかなければならない費用②傾斜地の基礎工事費用

別荘と建てたいと考えている人は基礎工事をやる必要がありますが、まずその土地の傾斜地を想定しなくてはいけません。
実際に大きなコストがかかる部分でもあり、傾斜が急であればそれだけ費用が高くなるのが一般的です。
ではどのくらい費用が必要になるのかというと、傾斜角10度までだと平坦地の3~5割増しを想定することになります。
また20度以上になってくると平坦地の2倍になってしまいますので、別荘建築前に調べておくことです。
せっかくの自然の景観を利用して地盤改良をしていくにも、斜面に対応できる基礎工事は必要不可欠といえます。
まずは予算を確認することから特殊な費用がかかることを想定しておくことで、どのような形状にも対応できるようになります。
少しでもコストパフォーマンスを考えるならば、設計事務所と相談をして費用に対する考えをしておくと、スムーズに話が進みます。
反対に思わぬ幸運で、コストが少なかったケースも別荘建築ではあることです。

別荘建築前に想定しておかなければならない費用③眺望を確認するドローン調査費用

別荘建築の際にしておかないといけないことは色々とあります。
地質調査なども欠かせませんが、何よりもしておきたいのがドローン調査です。
ドローンによって別荘地を綿密に調べることで、色々なことがわかってきます。
例えば、広大な敷地の場合にはよりイメージが湧きやすくなってきますし、植生を調べて火事などが起こりにくい適地を見つけるといったこともできるのです。
こういったことができるのはやはりドローン調査ならではでしょう。
ここで気になるのが費用についてですが、実に格安でお願いできるのが利点。
例えば、業者により通常の敷地面積ならば10万円もかかりません。
これだけ低料金なのに写真データも提供してくれますし、場合によっては機体を操作させてもらえることも。こういう楽しみがあることもおすすめする理由担っています。
中には2万円程度の激安業者もありますが、本当に不動産に関する知識があるのかといったことは確認しておかないといけません。

別荘建築前に想定しておかなければならない費用④ライフラインの引き込み費用

別荘建築前に想定しておく必要のある費用として、ライフラインの引き込みに関するものがありますので注意しなければなりません。
人の住む住宅である限り、水道とかガスや電気などは当然使えるようになっていると思うのは実は早計です。
市街地の建売住宅であればもちろんそれは当然と言えるわけですが、別荘のような場合には必ずしも当てはまりません。
このような場合、ガスはほぼボンベ式のプロパンガスでしょうから引き込み費用という意味では該当しないかもしれませんが、電気と水道はそうはいきません。
まさか自家発電とか井戸水で全てを賄うわけではないでしょうから、公営のラインを引き込んで来なければなりませんが、そのためのコストは別荘の建築価格に含まれているのかどうか、含まれていない場合にはどれほどの金額が余分にかかるのかを事前にしっかりとチェックしておく必要があります。
でないと、立派な別荘が建ちはしたけれども、蛇口をひねっても水は出ないということになりかねません。

別荘建築前に想定しておかなければならない費用⑤温泉の権利取得費用

別荘の中には、付近で湧出する温泉水が利用できることをうたい文句にしているものがあります。
日本人はお風呂好きですのでわざわざ旅行とか旅館に宿泊したりすることなく、自宅別荘で利用できるとなると大きな利点だと考える人が多いのですが、これを無料とか水道水を利用するようなレベルの費用で利用できると思っていると、大きな落とし穴にはまる可能性があります。
権利を取得しない限りは勝手に利用することはできず、そのためには費用がかかります。
これには月額定額制の場合と、定額プラス実際の利用量に応じたお金がかかる場合とがありますので、事前に不動産会社に相談するなどしてしっかりと確認しておく必要があるわけです。
温泉はある意味でその地域の共有財産であり、無断で利用したりするとトラブルに見舞われる可能性もあり、せっかくの楽しい別荘生活が近所から冷ややかな目で見られたりすることにもなりますので、十分な配慮をしなければなりません。

別荘に関する情報サイト
別荘建築の悩みや疑問

このサイトでは、これから地方などで別荘を購入する方に向けた情報を発信していきます。まずは住居を用意しないといけないわけですが、別荘建築にはさまざまな施工法があるのでどれを選択すればいいのかもわからないものです。ここでは各建築の特徴と施工にあっている土地についても見ていくので、参考にしてください。

Search